FC2ブログ
2018. 10. 06  
前回の続き

青島に戻ってきた一行は、タニガワさん宅で一休み・・・のはずが、タニガワさんのお母さんや、ご近所の方々が差し入れをくださり、そのまま豪華な宴会モードに突入。

DSC_0247.jpg
青島で獲れた魚介類やかまぼこ

DSC_0251.jpg
青島産岩牡蠣のフライ

DSC_0245.jpg
青島○特製 青島かまぼこ

特に、アジ、イトヨリ、そして「エソ」などを使用した、青島○で生産している「青島かまぼこ」、これが本当に絶品だった。

《青島かまぼことは》
漁師さんたちが選んだ新鮮な旬の魚を使用した、魚と塩だけで作った天然素材100%の無添加かまぼこ。
新鮮な魚を使うからつなぎは不要。旬の魚を使っているから時期によって魚が変わり、様々なバリエーションが楽しめます。


この日に口にすることができた「エソ」。初めて耳にした魚だった。
タニガワさんよれば、「『エソ』なんかたいした魚じゃなか、みばえも悪いし」とおっしゃっていたが・・。

wikipediaによれば、 
エソ「肉は白身で質も良く美味だが、硬い小骨が多いため、三枚におろしてもそのままでは小骨だらけで食べられず、また骨切りしても小骨自体が太くて硬いためハモのように美味しく頂くこともできない。調理方法としては、骨切りした上ですり身にして揚げ物にするか、手間が掛かっても根気よく骨抜きをして調理するかであるが、いずれにしても一般的な調理をして食卓に並ぶような魚ではない。一方、魚肉練り製品の原料としては、癖の無い淡泊な味で歯ごたえも良いため、最高級品として重宝される。」

とある。

なるほど、この青島かまぼこも、魚本来の旨味が凝縮した、しかも骨を絶妙に残しているので歯ごたえや食感も楽しめる、本当に美味しいかまぼこだった。


《ここから宣伝》

IMG_5511.jpg IMG_5510.jpg

青島かまぼこは松浦市のネットショップでも購入できたり松浦市のふるさと納税のお礼品にもなっているので、タニガワさんの活躍に感激された方は、ぜひ一人でも多くの人に青島かまぼこを試していただきたいものです。

《ここまで宣伝》



さて、本題に戻ろう。

実は宴会の途中、羽島に行く前にお会いしたSさんも資料を持参しこの席にいらっしゃった。


この青島の大観音の騒動が最初に話題になった2017年の12月、3度ほどテレビに取り上げていただいた。
一つは解決直後の12月8日(金)の「NHKニュースチェック11」。
それから12月12日(火)のTBS「ビビット」とテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」。

このうち、TBS「ビビット」とテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」は青島にもテレビが取材に来ていた。
青島の人たちには寝耳に水のお話で、なぜいきなり観音像の話?という感じだったと思う。
私としては島の方を訳のわからないことに巻き込んでしまったという申し訳ない気持ちだったのだが、ありがたいことに島にとっては全国放送で映ることも珍しいのでありがたかったという声もいただいた。
(もちろんこの程度の話題では波及効果も何もなかったと思うので、そういう意味ではご迷惑をおかけしたことには変わりないと思いますが。)

そして、このSさんは青島の観音像に詳しいということで、羽鳥慎一モーニングショーに出演されていた方でもあった。

昭和20年代の生まれであるSさん(女性)は、青島出身。
就職で一旦島を出たものの、同じく青島出身のご主人と結婚され、青島で子育てをし、今も観音様の麓で暮らしている。

IMG_5515.jpg
羽島弁財天で記念写真

この羽島の弁財天での記念写真は、中学校卒業直前に、女子だけでボートで羽島に行こう!という就職前の思い出作りだったそうだ。女子だけで羽島に渡り、Sさんが撮影したものである。

そして偶然にも、結婚された相手の家が、観音像の製作者と深いつながりがあったようだということだった。

羽島Db_jdmCV4AAWtzl
羽島の弁財天像の写真

実はこの写真はSさん宅に残されていたもの。
右手に写っている方がSさんのご主人の祖父「與三郎」さんであり、左手に写ったメガネの人物が「観音像を製作された人」だと聞いているという!!

なお、先に見たように、青島では観音像をつくったのは「志佐鳳洲」氏だということになっている。
福崎日精氏の名前は記憶にも記録にもほとんど残されていないのだ。
このSさんの資料と証言は、観音像のルーツを探る上で重要なものであると思う。

そして、
Sさん宅には幾つかの手紙が残されていた。

32_1.jpg 32_2.jpg

Sさんにも何が書いてあるかわからないということだったが、
ご主人の祖母であった「お浦さん」(與三郎さんの奥さん)に宛てたものだろうということだった。

解読していこう。
ここで解読結果については事前にツイッターでご意見を伺いました。(解読協力:きみどりさん @AkKimidoRi3 左京謙一さん @StudioSakyo ほか多数)
皆様の多大なご協力に感謝します。

38_9.png

手紙の消印は「昭和32年10月18日島原局」となっている。

32_10.png

そして送り主は「島原市中堀町江東寺道場 日精」と読める!!

本文についても解読が完了したので掲載したい。

tegami_2.png

胎内仏に写経をすることについての協力金のお願いの手紙、つまり長崎県島原市の江東寺で製作した涅槃像(昭和32年)の製作中に書かれた手紙であることがわかる

とすれば、Sさんの義祖母であるお浦さんに宛てたこの手紙は、涅槃像の作者である福崎日精氏からものである可能性が高い。いや、おそらく間違いない。
Sさんのご主人の祖父母は福崎日精氏と昭和32年時点でお付き合いがあったのだ。


そしてもう一通。

38_1.jpg 38_2.jpg

宛先は「ウラ??奥様」
(※ 「ウラ麗婦人様」のようです。ツイッターを通じて情報をいただきました。 2018年11月18日追記)

消印は「昭和38年7月11日吹田局」
送り主は「大阪府吹田市浜の堂町 円満寺道場 日精」
とある。

こちらも手紙の全文はほぼ解読できた。

38_3.png

こちらは何気ない近況を知らせる内容の手紙である。
田舎から都会へ出てきたことや、疲れているので家に帰って休みたいことが書かれている。
日精氏の人柄を感じる温かみのある文面である。

ちなみに、日精氏の没年は昭和44年頃と推測されている。
この手紙が書かれた昭和38年は晩年と言える年であろう。
本文にテレビやラジオが登場していることから、近代化を感じることができる。

大阪の吹田にコンクリート像があるという情報はこれまでにない
ひょっとすると、まだ未知の福崎作品があるのかもしれない。


そしてこの手紙、最後の一言が特にいい。
yoka.png

「ヨカ島ですバイ」

日精氏の人柄と、Sさんの祖父母との深い間柄を物語る貴重な一枚であると感じる。


さらにさらに、もう一枚。
これは福崎氏が青島大観音製作に関わっている重要な証拠になりうるものであると思う。

11_1.jpg

消印は「昭和11年5月1日長濱局」
宛先は「お浦奥様 與三郎様??
そして送り主は「滋賀縣坂田郡長濱町南下坂濱 平安山良畴寺 大仏建立事務所」とある。

あの、福崎日精作の27m、巨大阿弥陀如来像(初代びわこ大仏・昭和12年)が過去に存在したお寺、そして
青島の大観音の写真が発見された場所だ!

11_2.jpg
裏面は当時の平安山良畴寺のモノクロ写真。どうやら絵葉書のようだ。

本文を見てみよう。

11_3.png

お浦さんが差出人を心配したことに対するお礼の内容のようだ。
解読情報によれば「御放神」とあるのは「ご安心」と同じ意味だそうだ。

この手紙の意味するところはつまり、びわこ大仏の製作者である差出人が、昭和11年の建立途中に青島のお浦さん、與三郎さんと交流があったということだ。

手紙中に「金網がサス」とあることから、差出人が像製作の為に金網を使用していたことがわかる。
金網の使用は青島大観音、羽島弁財天の残骸に共通する特徴だ。

手紙の中に福崎氏の名前はないものの、ほかの手紙の筆跡や内容から、この手紙の差出人は福崎日精氏の可能性が高いと思われる。
金網が刺して負傷した。初代びわこ大仏建立の生々しいエピソードである。

奇跡的に残された貴重な手紙により、福崎氏の活動の一端を窺い知ることができた。
(※本文中の□の部分は「御消光とわ大慶存じます」であると情報いただきました。2018年11月18日追記)

話はこれだけでは終わらない。
おそらくこの人物(福崎氏)に関係すると思われる掛け軸が残されていたというのだ。

それがこちら。

IMG_5520 (1)
白衣観音像の掛け軸である

IMG_5527.jpg
光背を持つ白衣観音坐像

この絵に押された落款を見てみよう。

IMG_5523.jpg
師 日精・・・!
(※ 「律師日精」であると情報をいただきました!2018年11月18日追記)
つまり、この掛け軸は福崎日精氏がSさん宅に残した掛け軸であると推測されるのだ!!

確かに、序論で紹介した福崎メモに残された9、10、11番に個人宅に残された「掛け軸」の記載がある。

このメモにも記載がないこの掛け軸は、これまでに発見されていないものである可能性が高い!


Sさん曰く、「もう一点の方が私は気にいっとったとやけど、義父(與三郎・お浦さんの息子)亡き後、どんだけ探してもなかった」ということだ。
つまり、Sさん宅には二幅の掛け軸が残されていた。

IMG_5525.jpg

観音様の福々しいアゴ、豪華な髪飾りなど、福崎日精氏のコンクリート像との共通点を感じる。
この掛け軸はコンクリート像の設計図や下絵のようなものなのだろうか。
それともこうした掛け軸を各地に残しているのだろうか。
とにかく、これまでに見たことがない、福崎氏の肉筆画であると思われた。


そして、幾つかの写真も残されていた。
そのうちの一枚。Sさんは撮影された場所がどこなのかをご存知なかった。

IMG_6155.jpg

仁王像と門、記念写真のように見える。写真の裏には何も書かれていなかった。
写真がSさん宅にある理由もわからなかった。

実はこの仁王像、私が次の日に訪問を予定していた佐賀県有田町の桂雲寺のコンクリート製仁王像(昭和11年)であるように見えた。
そして写っている人物の一人はヒゲとメガネ。

IMG_5610.jpg

仁王像製作途中の写真とすれば、昭和11年頃の福崎日精氏のお姿であると思われる。

なぜここにこの写真が?!


ここからは考察。
Sさん宅には全国各地から届いた手紙や写真、掛け軸が残されていた。
それも、昭和11年から昭和38年にかけての長期間である。
福崎氏と與三郎さん・お浦さん夫婦のひとかたならない関係が窺われる。

これまでに全国で判明している福崎氏の行動から、恵那峡での観音像建立に尽力したOさんの祖父、良畴寺の先々代の住職など、福崎氏との文通をしていた人物が複数いることがわかっている。
福崎氏は行く先々でこうして各地のゆかりの方々に手紙を送っていたのかもしれない。
しかし、私が実際に福崎氏からの手紙の実物を拝見したのはこれが初めてのことだった。

與三郎さん・お浦さん夫妻も、福崎氏にとってそうした交流をする一人だったのだろう。
特に、昭和6年から9年にかけての大観音、弁財天の製作の際に個人的な関係があったのかもしれないと推測する。

青島にかつて存在した観音像には福崎氏の記録はどこにもない。
だが、大きな発見の数々があった。
福崎氏のかすかな痕跡を辿り、ここまで来た甲斐があった。


福崎氏は観音像に関係している可能性がかなり高くなってきた。
しかし、なぜ昭和9年の長崎の離島で大観音像を作るに至ったのか。どのように関係していたのか。
その謎はまだ解けていない。


《つづく》

次回、コンクリート像を見にゆきます(仮)
観音様の見護る島⑤完結編 〜大観音は誰が作ったか、志佐鳳洲と福崎日精〜

お楽しみに!





↓拍手をいただけると喜びます。
スポンサーサイト



プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR