FC2ブログ
2015. 01. 23  
ほかのコンクリ弁財天と比較してみよう。

大竹さんの著書『コンクリ魂』の中で、既に筆者が訪れたことがある弁財天をモチーフとした場所は2箇所。

DSCN0578.jpg
五色園縁結び弁財天【修復前】(日進市)

IMG_1687.jpg
観音寺弁財天(春日井市)

ここでは細かい説明を省略するが、後者は『雲岳』銘の弁財天である(昭和6年建立とされている)。
両方とも龍、楽器、もじゃもじゃ台座がそれぞれ共通しているように見える。
特によく似ているように見える後者、観音寺弁財天と詳細を比較してみる。

IMG_1272.jpg IMG_1687.jpg
正面

a6.jpg IMG_1688.jpg


IMG_1284 のコピー IMG_1709.jpg


どうだろうか。楽器の向きや髪型、そして全体の大きさ(恵那峡の方が大きい)など、多少の違いは見られるが、筆者には少なくとも同一の作者または作風によるものとしか思えないのだが。
特に酷似するのは
・首飾りの形状
・龍の構図
・着物の前掛け(?)の形状

4.jpg IMG_1702.jpg
後ろ姿、そして特筆すべきは龍の腕から出ている炎?の造形。
恵那峡のものは着色されておらず写真ではわかりにくいが、そっくりである。

IMG_1701.jpg
しかも観音寺の弁財天、よく見ると背中がのっぺりして、丸い痕跡があるようにも見える。もともと輪っかか何か乗っていた??

果たして別の作者でここまで酷似することがあるのだろうか?

⑤へつづく
スポンサーサイト



NEXT Entry
浅野祥雲の謎を追え 恵那峡弁財天編 5/5
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR