FC2ブログ
2015. 01. 28  
コンクリ魂で祥雲作?とされる3体の像を見に行った。

まずは龍泉寺(名古屋市守山区)。
IMG_1054.jpg
左が水野房次郎氏寿像、右が篠田銀次郎氏之寿像。

IMG_1028_2.jpg IMG_1027.jpg
水野氏(昭和16年)。

IMG_1015.jpg IMG_1016_2.jpg
篠田氏(昭和37年)

どちらも畜産関係の方らしいが、組合も消滅しているらしく、よくわからない。
台座は後から合わせたのか?祥雲特有のもじゃもじゃ台座ではありません。

IMG_1045.jpg
昭和三十七年七月に逝去サルとあるが、寿像って生きてる間に作るものじゃなかったか?製作中だったのだろうか。

IMG_1056.jpg
水野氏の足下の台座は別のコンクリのうえに乗っているようにも見える。


そして次はちょいと足を伸ばして、北名古屋市の用水路に佇むコチラ。
IMG_1411.jpg

IMG_1405.jpg
大野晃翁寿像。昭和17年の作品。みごとな土台に乗っているが、あまり管理が行き届いていないようです。
なんといっても住宅密集地に突然現れるこの像。写真がブレているのは、住宅街に何度もシャッター音を響かせるのがいたたまれなかったからです。
フェンスには「不審者に注意」的なことが書いてあったし。

ともあれ、この3体、時代的にも作風的にも祥雲を感じさせる3体でありました。
こういったローカル偉人系の需要、当時は多かったのでしょうかね。
自分で建てたわけではなく、形上は偉業を讃えてって感じになっています。

こういう像って実はまだまだあるのかも・・・ということでネット巡回。
そこで見つけました。北名古屋に新たなローカル偉人像。

それがコチラ
IMG_1357_2.jpg
スポンサーサイト



NEXT Entry
いくつかのローカル偉人像を見に行く 北名古屋編 2/2
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR