FC2ブログ
2015. 04. 16  
にしても、そもそも尾張三大弘法って何なんだろう?
前回紹介した珍寺大道場の「珍寺大道場」愛知大弘法巡り(2005)の時点ではまだハッキリしていなかったが、瀬戸電気鐵道株式会社発行の「尾張三大弘法大師案内」なる文書があるらしく、第一は小幡緑地内にある「御花弘法」、第二は印旛の良福寺にある「開運大師」であることが明らかにされている。
ちなみにコンクリート魂にも紹介され、ともに作者不詳とされている。

というわけで、次にやってきたのは尾張三大弘法第弐番開運大師(尾張旭市)。印旛駅のすぐ隣、良福寺の中にある。
IMG_0295.jpg


IMG_0296.jpg
こちらは昭和6年12月建立。

IMG_0325.jpg
こちらが弘法さま。先の新居の大弘法と比較しても小ぶりで着色もなくお地蔵さまのような地味な印象。

IMG_0298.jpg
台座は石垣のようなしっかりしたもの。

さて、とりあえず尾張三大弘法を押さえておくとしよう。次は小幡緑地へ向かいます。
スポンサーサイト



NEXT Entry
大弘法ベルトをゆく 尾張三大弘法編③
NEW Topics
【情報絶賛募集中!】いまだ特定できぬコンクリート像 −福崎日精からの挑戦状−
昭和初期のアルバムに残された謎のコンクリート像のありかを探れ!③ 化粧坂の観音像編
昭和初期のアルバムに残された謎のコンクリート像のありかを探れ!② 小牧市福厳寺地蔵菩薩編
昭和初期のアルバムに残された謎のコンクリート像のありかを探れ!① 長久手市阿弥陀如来像編
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(後編)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR