FC2ブログ
2015. 10. 13  
さて、今日訪問するお寺は紫金山慈眼寺(愛知県春日井市)。

IMG_2696.jpg
市史によれば、宝永6年(1709年)この地に開かれた由緒あるお寺。
上の写真の一番右側、よく目をこらすと現れるのは、

DSCN3314.jpg
小高く盛られた築山の上に2mほどのカラフルな弘法様。

DSCN3319.jpg
『コンクリート魂』にも紹介されている作者不詳のコンクリ弘法様であるが、その存在はネット上でもほとんど知られていない。

DSCN3442.jpg
目玉は玉眼と思われる。

DSCN3480.jpg
住職の許可を得て足元も激写。

DSCN3463.jpg
後ろ姿はこちら。

目を凝らして見たが、残念ながらどこにも作者の名前も寄贈者の名前も見つけることはできなかった。

DSCN3468.jpg
築山には「山神」や大正時代に作られた小さい弘法様の石像などが隠しアイテムのように配置されている。

DSCN3324.jpg
隣の祠には二体の弘法様が祀られている。

住職にもお話を伺ったが、住職も生まれるずっと前の話、先代から聞いただけのことなので詳しいことはわからないが、大正の終わりから昭和初め頃に築山が作られ、そして弘法様が作られたと聞いているという。
そして・・・寄贈したのはお寺と付き合いのあった「山口某氏」であるという・・・!

住職から得られた情報は以上。そして帰り際に、お寺の入り口に立っている石柱を発見した。
DSCN3306.jpg
非常に見にくくなっているが、目をこらすと2本の石柱のうち1本にこのようにあった。
尾洲三大弘法第二番黄檗慈眼寺』そして

J-1.jpg
『昭和八年五月』とある。

尾洲三大弘法?そして第二番?

これに関してもいつものことながらネットに情報はほぼゼロ。(以前は、「愛知札所巡り」なる、弘法霊場を異常に網羅したサイトが存在し、文字だけの記載はあったのだが、休止中だろうか?)

尾洲三大弘法って、いったいなんだ??しかも第二番?一番と三番は??


思い起こされるのは尾張三大弘法。
尾張三大弘法は以前に紹介した通り、瀬戸電気鉄道が関係していると思われる三つの大弘法。
ご存知の通り第一番 御花弘法大師(名古屋市守山区)、第二番 良福寺開運大師(尾張旭市)、そして浅野祥雲作が確定している第三番 退養寺厄除大師(尾張旭市)の3体である。

しかし尾洲三大弘法って?

DSCN3465.jpg
ここにきてなお謎が謎を呼ぶ、山口氏と春日井のコンクリ像群の関係。
核心に迫る日は来るのだろうか。
スポンサーサイト



NEXT Entry
尾洲三大弘法を巡る謎に迫る 春日井駅前弘法再訪編
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR