FC2ブログ
2015. 10. 31  
IMG_5306.jpg

今日取り上げるのは、すでにこのブログで紹介したJR春日井駅前にひっそりと佇む『春日井駅前弘法大師』(愛知県春日井市)。
林長三郎という人物が昭和2年、国鉄鳥居松駅(のち春日井駅に改称)の誘致に成功。
弘法大師はその後、昭和7年に長三郎が私財で建設したとされている。なお長三郎は明治3年、鳥居松村の有力者の家に生まれた。明治21年には名古屋電燈会社設立の発起人になっており、東京で電気学を研修し、大正9年、村に電灯を引き込んだという。また、村会議員でもあったそうだ。(『春日井の人物』より)

DSCN3505.jpg
大弘法前には林長三郎の灯篭も現存している。
この大弘法、尾張旭の退養寺大弘法とソックリであるため、まことしやかに浅野祥雲作といわれるが、証拠はどこにもない。
疑っているわけではないが、銘板や証拠がない以上、祥雲作だと断定すべきでもない。
しかし、なにか証拠はないものか、そう思い再び地元の図書館へ。

そこで重要な文書を発見する。
見つけたのは林長三郎本人の著作『旅乃友』全三巻
その内容は趣味であった旅行と和歌、それに並んで鳥居松駅の開設と大弘法の建設に関しての経緯が記されていた!

そこで見つけた一枚の写真。
IMG_5292.jpg
大弘法建設からすぐ後に写されたものと思われるが。
よく見ると写真の右側に『尾洲三大弘法第三番厄除大師』の文字が!!

つまり前回の記事で紹介した尾洲三大弘法第三番はココだった!!!

そして他にも
IMG_5296.jpg
尾洲三大弘法第三番厄除大師御和讃
尾洲三大弘法第三番厄除大師の歌!

そしてもう一つ気になる記述が。
IMG_5295.jpg
浅野主人之三十餘丈弘法大師大立像作成とある!!
これは新発見ではなかろうか。春日井駅前弘法大師=尾洲三大弘法第三番は浅野氏が作った。
無論、祥雲であるか(もしくは浅野雲岳であるか)は現時点ではわからない。

IMG_5311.jpg
とにかく、昭和の初期に作られた「尾洲三大弘法」はいつの間にか製作者の名前と共にその存在は忘れ去られながらも、像はそれぞれが独立して現代にたくましく生き残っているのだ。

そして残された謎は・・・尾洲三大弘法第一番はどこか、ということだ。

(つづく)
スポンサーサイト



NEXT Entry
尾洲三大弘法を巡る謎に迫る 完結編
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR