FC2ブログ
2016. 01. 28  
「福崎日精のコンクリ像が木曽川の対岸にまだある。」

なんと、恵那峡を挟んだ反対側、現在は無住のお寺となっている場所に、蛙の観音さまのような像があるというのだ。
その情報をもとに、私は対岸に向かった。

IMG_5031.jpg
対岸には恵那峡ワンダーランド。
そして、その隣、『寳林山高徳寺』にその像たちはあった。

IMG_6076.jpg
こちらが高徳寺。

そしていきなり出迎えるコンクリ白衣観音像。
IMG_4965.jpg IMG_4972.jpg

下には鬼も。
IMG_4966.jpg

これは、これまで見てきた福崎日精作と共通する作風。これが「カワズカンノン」か?

にしてもこのお寺、無住にしてはやたらきれいだな・・・と思っていたところ。

「こんにちは」と、お寺の中から若い住職が出てきた。
聞くと、最近こちらの住職になったばかりなのだという。

筆者が「カワズカンノン」なるコンクリ像を探しに来たと伝えると、
「ああ、それは階段を登ったところにある『蛙薬師』のことですね」とのこと。
そして「ご案内しますので是非ご覧ください」との申し出。
なんと、コンクリ像探しでこんなにありがたい申し出は初めてだった。

さらに「蛙薬師の前にもコンクリートの像があります」
・・・!!

それがこちら
IMG_4973.jpg
不動明王像???

IMG_4974.jpg
どう見ても弘法大師ではないだろうか。

住職によると、以前に像の場所を動かしたときに間違って不像明王の碑を置いてしまったのではとのこと。やはり住職から見てもこちらは弘法大師のようだ。
IMG_4984.jpg
しかしこの表情、そして細かいレリーフのようなコンクリ細工。福崎日精作の可能性が高い。

そして『蛙薬師』へ。

蛙薬師の登場。
IMG_4997.jpg
なんなんだコレは。スゴい。スゴすぎる。

IMG_6072.jpg
薬師、上、上!

IMG_6056.jpg
恵那峡がいくら奇岩で有名だからって、コンクリ像の上にせり出した巨岩なんて見たことも聞いたこともない
むしろなぜこれが世の中に知られていないんだろう。

IMG_4990.jpg
お顔立ちは独特。

IMG_4988.jpg
足元もコンクリ造形でオシャレに。

住職曰く、「こちらの蛙薬師さまは福崎日精さんが再建されたという記録があります」とのこと。
なんでも、明治時代にこの辺り(岐阜県蛭川村)は当時の苗木藩によって廃仏毀釈が徹底的に行われたそうだ。
昭和初期はその揺り戻しで、お寺の復興がなされた。そのときにこの蛙薬師は建てられたのだそうだ。
IMG_5007.jpg


さらに住職は言った。「この上にも弘法様の立ち姿の像がありますよ」

なに!?まだあるの!?

IMG_6071.jpg IMG_6070.jpg
そしてこのような巨岩を抜け、さらに山の上を目指す住職。

何か見えてきた・・・
IMG_5027.jpg
誰か立ってるぞ。


IMG_6064.jpg
コンクリ製立弘法!!

IMG_6063.jpg
台座には「昭和七年九月」。

IMG_6062.jpg
台座前には銘板の痕跡?

そして裏側には・・・
IMG_5023.jpg kotokuji_1.png

建立者の名前か?「勝川町 丹羽?? 長嶋乙吉」と見える

勝川町・・・、勝川町といえば、名古屋の北、このブログで何度も登場するあの大弘法の現存する場所。
なぜこんなところで、何キロも離れた場所の人が建立しているんだ。

そして、住職によれば、対岸の立弘法と対で建てたのではないか、そして、2対で恵那峡=大井ダムの慰霊と安全祈願をしたのではないかということだった。
そして、この像たちがほとんど知られていないのは、この場所が旧蛭川村、現在は中津川市に編入されており、旧大井町(現恵那市)の観光とは切り離された存在だったと考えられる。

IMG_6069.jpg
ものすごい見晴らしのいい場所に建っている。ただ、けっこうな崖地なので見学には注意が必要。

にしてもまだ見ぬ祥雲像の謎を追いかけていたはずなのに、なぜか福崎日精の像に囲まれてしまった。

IMG_4994.jpg 
一体全体恵那峡を取り囲むこのコンクリ像群はなにを意味するのか。
筆者にはそこに何かが隠されているような気がしてならない。

(つづく)
スポンサーサイト



NEXT Entry
恵那峡再訪3:福崎日精との邂逅?そして残される謎
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR