FC2ブログ
2016. 02. 23  
さて、ここまで見てきたように、福崎日精は戦後、全国に巨大なコンクリ像を建てている人物と思われる。
そして、恵那峡周辺には昭和6〜7年に建立された「福崎日精作」と推定されるコンクリ像の数々があった。

恵那峡周辺の像の特徴として共通して言えることは、

・2〜3メートルの大きさ
・着色がなくザラザラした表面
・台座などに細かなコンクリ細工
・手足の指は細く長い。
・表情はシリアスで、目が少し怖い。あと鼻の穴がデカい。
・衣服の表現が細かく、鋭い。

といったところか。
衣服について、浅野祥雲の作品に見られるようなふっくらした表現に対して、福崎作品はシワが細かく刻まれて、薄い衣が中空に浮いているような表現力の高さが伺える。
IMG_4969.jpg
「高徳寺 白衣観音」

IMG_1341.jpg
「恵那峡 白衣観音」

*************************************

さて、突然話は変わる。

細かい話はすっ飛ばすが、昭和初期の尾張北東地域のことを調べる一環で、「亜炭」というものの存在に行き着いた。
「亜炭」とは、簡単に言うと、石炭の出来損ないみたいなもので、愛知の北東部である小牧、春日井、守山、名東、長久手、日進にまたがった広いエリアで大正〜昭和初期に採掘された燃料、つまりはエネルギーの一種である。
その採掘は戦後になっても続いたが、エネルギー需要の転換、採掘業者の倒産などで昭和40年代以降、採掘跡地が各地で公害問題を引き起こすなど、やや黒歴史化している側面もある。

さて、亜炭採掘上のあった一つ、長久手市の喜婦嶽というところに、事故の慰霊のために建てられた像があることを知った。
長久手市市民記者のページ

この像についててはこれ以上ネットでも情報が出てこなかったため、実際に見に行くことにした。

愛知万博で盛り上がりを見せた長久手の、リニモの走るすぐそばの住宅街の一画に、そのエリアは忽然と姿を現した。
IMG_6172.jpg
こちらは石でできた地蔵尊。

nagakute_2.png
そしてこちらはコンクリート製。隣に建てられた石碑には「阿弥陀佛」とあった。

石碑によれば、昭和7年5月にここの亜炭鉱で起きた出水事故の犠牲者を悼み、昭和7年8月に建てられたものだという。
昭和7年のこの地方は今のような発展は全くなく、おそらく相当な山の中であったはずだ。

なんとなく、だ。この阿弥陀佛、なんとなくどこかで見たことがある気がする。

IMG_6180.jpg

鋭い衣服の表現、大きな鼻の穴、細かなコンクリ細工・・・。
そうだ。恵那峡周辺のあの福崎作品群だ。

さて、比較してみようか。
まず、全体像。
naga_2.png
喜婦嶽阿弥陀佛 全体

IMG_6055.jpg
恵那峡蛙薬師 全体

そして足元の台座。
image1-3.jpg
喜婦嶽阿弥陀佛の足元

そして恵那峡蛙薬師の台座を2ショット見ていただく。
IMG_4988.jpg
恵那峡蛙薬師の足元1

koutokuji1.png
恵那峡蛙薬師の足元2

そして仏師の特徴が反映されやすい「顔」だ。
nagakute_3.png
喜婦嶽阿弥陀佛のお顔

kawazu.png
恵那峡蛙薬師のお顔


どうだろうか、台座のコンクリ細工、衣服の表現、耳目や鼻の穴の大きさ、前回まで見てきた福崎日精の作品群ににた特徴を備えているのではないかと感じる。

もちろん、コンクリート像製作者がこの時代に複数おり、像のテンプレートが決まっていた、という可能性も排除できない。
ただ、ここまで見てきた限り、同じような造形力を持って、ここまで作風が似ているコンクリ仏師は果たして存在するのだろうか?という疑念もある。
また、ダム建設の慰霊として建立された恵那峡のコンクリ像群と亜炭事故の慰霊として建立されたこの阿弥陀佛に共通性を感じる。


そして、この像には銘板があった。

IMG_6164.jpg
昭和七年八月建之 勝川町 満勝山大師殿

勝川町の大師殿・・・あの「勝満山の弘法大師」のことか?なぜ「満勝山」かは不明だが。

D6.jpg
勝川大弘法 現在は「勝満山崇彦寺」となっている

この長久手の阿弥陀佛の横に後年建てられた石碑にも、この阿弥陀佛の寄進者として「春日井市勝川」の名を刻んでいる。
つまり、春日井市勝川の「大師殿」が、雲岳作の大弘法があるあの場所がこの阿弥陀佛を寄進しているというのだ。
福崎日精を追いかけていたら、なぜか雲岳が姿を現したのである。
一体なぜ?

それにしても恵那峡とは長久手は相当距離が離れているが、勝川と長久手も決して近いとは言えない距離だ。
しかも戦前、昭和7年時点での話だ。


もう一つ、喜婦嶽阿弥陀佛に刻まれた建立年を見てあるものを思い出した。
nagakute_4.png
喜婦嶽阿弥陀佛に刻まれた建立年

恵那峡高徳寺の崖の上の立弘法の銘だ。
IMG_6064.jpg

IMG_6063.jpg
恵那峡高徳寺の立弘法のに刻まれた建立年。

この2つの銘、筆跡がよく似ている。
5.png
左が今回の喜婦嶽阿弥陀佛、右が以前に紹介した恵那峡立弘法である。

しかも建立のタイミングに一ヶ月しか差がない、ほぼ同じなのだ。
そういえばこの恵那峡立弘法の台座にも「勝川町」と刻まれていた。


まとめると、長久手で起きた産業事故の殉職者慰霊のために、恵那峡の慰霊像群と同じ作風の像が、同じ「勝川町」の名を刻んで建てられている。しかも雲岳作の大弘法の場所の名を伴って。


とすると、だ。
あくまで可能性であり、断言はできないが。
福崎日精は雲岳作、勝川の大弘法となんらかのつながりがある可能性があることになるのである。

(つづく)
スポンサーサイト



NEXT Entry
謎のコンクリ仏師 福崎日精の足跡を辿る(完結編)
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
No title
長久手町内の炭鉱を経営していた一族が、長久手町の落盤事故が発生した鉱山はその後経営不振となり、糊口を凌ぐため春日井市内の鉱山を買い取って「子会社化」して一時期経営していたことがあるので、下街道をとおしてその鉱山とは結ばれているので、ひょっとして勝川にも落盤を起こした鉱山の経営者一族の係累がお住まいになっていたかも。
No title
コメントありがとうございます!
長久手の炭鉱経営者との関係ですか、なるほど、ありそうな話ですね。貴重な情報をありがとうございます!
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR