FC2ブログ
2016. 12. 02  
このブログの初期のこと、浅野祥雲の新たな像を探していると、一体の弁財天像に行きついた。

5.jpg
恵那峡弁財天

この像は、岐阜県恵那市の大井ダムの真ん中にある小島、弁天島にある。地図はコチラ

bentenjima2.png
この大井ダムのど真ん中にある小島。

bentenjima1.png
拡大するとココです。ここに、

IMG_1272.jpg
コンクリート製の弁財天像があるのだ。

この像のことは当ブログの初期の頃に紹介した。( 浅野祥雲の謎を追え 恵那峡弁財天編 2015. 01. 23)
この像、作者の銘が入っておらず、だいぶ手を尽くしたのだが、この像の作者を突き止めるには至らなかった。
そして、この像の存在を突き止めることこそが、このブログの最大のミッションなのである。

*********************************
ところで。
以前、祥雲像修復メンバーのおいも小太郎さんから、インターネット上にこのような絵ハガキの画像が存在することを教えてもらった。

IMG_8601.jpg
(ネット上より借用)

左側は愛知県春日井市にある雲岳作『勝川大弘法』と思われる。
D15.jpg
現在の姿はコチラ

a2.jpg
昭和4年に建立された当時は傘をかぶっていなかったことがわかっている。

IMG_6201.jpg
大弘法の近くには不動明王と二童子。

さて、問題は絵ハガキの右側の弁財天像だ。
IMG_8601.jpg
その姿形は、記事の冒頭でお伝えした恵那峡の弁財天にソックリである。
なぜこの2体がセットで?という疑問はあるが、まあ恵那峡弁財天で間違いないだろうな、と思っていた。
ところが。

このたび、ネット上で情報提供を呼びかけたところ、新たな事実が判明した。
それがコチラ
thumbnail_IMG_9511.jpg
(画像はネット上より借用)

絵ハガキの下に書かれた文字をよく見て欲しい。
「中央線勝川 勝満山大師殿一願成就辨財天」と読めるではないか!

この絵ハガキの弁財天は恵那峡ではなかった!!

中央線勝川 勝満山大師殿、つまりは、
JR中央線勝川駅の近くに現存する勝川大弘法の近くに、この弁財天像があったことになる!!

そういえば!!
以前、勝川大弘法の開眼式の記事を書いたことがある。(雲岳の謎を追え 勝川大弘法再訪編 2016. 03. 18)

昭和4年4月22日の新聞、新愛知(現中日新聞)に勝川大弘法の開眼式の様子が掲載されている。
image1-4.jpg
そこにはこう書いてある。長くなるが、記事の全文を再掲したい。

勝川に建立した弘法大師の開眼入佛式
高野山東福寺両管長が臨席し
きのふ盛んに執行
愛知縣東春日井郡勝川町の山口悦太郎さんが、同町勝満山に日本一の大きい弘法大師の立像を建立したことは既報の通りであるが、この弘法像の開眼入佛式が、廿一日午後二時から勝満山で盛大に挙行された。
寒かった關係で出足がにぶったがそれでも近郷近在から續々と押しかけその數二萬と號せられ名古屋鐡道局は特に臨時列車を増發すると云ふ騒ぎであった。この日高野山總本山から管長法印大圓師、東福寺管長尾關本孝師をはじめ、来賓として愛知縣から青木道路、織田保安の両課長、堀尾縣農會長、長谷川本社調査部長、勝川町より淺井町長、井上驛長、野々山署長以下多数出席、式は可愛らしい三百人の稚児のの行列にはじまり、高野山管長の入佛讀経、東福寺管長の開眼讀経ありて後、堀尾縣農會長、淺井町長の祝辞あり。これに對し施主山口氏は一場の挨拶をなし、それより東福寺側は臺座の中に安置した千體の大師に、高野山側は側座にしつらへた不動明王、辨財天にそれぞれ讀経して四時半閉式した。餘興として棒の手、花火、餅投、(?)などがあつて非常に雑踏をきはめた



つまり、現存する不動明王のほか、この記事にある弁財天は大弘法建立当時に実在したのだ!!

thumbnail_IMG_9511.jpg
大弘法と不動明王に作者『雲岳』の銘があることを考えると、同時に建立された、現存しないこの「勝川弁財天」の作者は『雲岳』である可能性が高い。


だとすれば、遠く離れた大井ダムにあるこの瓜二つの恵那峡弁財天の作者は・・・・。
そして、昭和4年建立の勝川弁財天とどのような関係があるのであろうか。
昭和初期に突如現れた謎のコンクリート仏師『雲岳』はどこから来て、どこへ消えたのであろうか。
5.jpg


スポンサーサイト



NEXT Entry
モージャー氏撮影写真資料をめぐる騒動についての雑感
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR