FC2ブログ
2018. 03. 11  
IMG_8890.jpg

2017年12月1日。前月のモージャー氏に続く、いやそれ以上のバズが起きた。

本当に軽い気持ちだった。
内容は1年前にもツイートしたものだったし、そのときのリツイート数が250だったので、フォロワー数が増えた今、それを超えればいいな、という気持ちで情報を求めた。

それが、わずか24時間後には1万リツイートに近づいていた。

このブログをご覧の方は、おそらく事の顛末をリアルタイムでもご存知だろうし、ヤフーニュースのトップ記事や、全国ネットのNHKニュースやワイドショーの話題にもなってしまった。
今更経緯を説明する必要もないだろう(もしご存知ない方は次の記事をご覧ください)。


【ついに判明!】とある一枚の謎の写真「この観音像はどこにあったのか?」写ったものをヒントに推理続々「ガチ勢すごい」「感動した」(Togetter)

Twitterユーザーの呼びかけで正体判明! 謎の巨大観音像写真から始まった歴史ミステリーに「鳥肌立った」「集合知の勝利」 (ねとらぼ)

ネット沸騰の「謎の大観音」捜索劇。感動秘話と投稿者の意外なホンネ(Yahoo!ニュース)

解明までには本当にたくさんの方に関心を持っていただき、たくさんの情報や予想をいただいた。

今は人口200人ほどだという離島、青島でまちおこしを行っている、青島◯(あおしままる)のみなさんには、現地での確認までしていただくなど多大なご協力をいただいた。

青島◯(https://www.facebook.com/aoshima.nagasaki/

あらためてこの場を借りて、ご協力いただいた多くの皆さんに感謝の気持ちをお伝えしたい。

*********************************************************

さて、この写真、結果としては長崎県松浦市の青島という島に昭和9年に建立されたコンクリート製の大観音(護国観音)であった。

そもそも自分がこの写真を手に入れた経緯は、4つ前の記事に登場する、長浜市の良畴寺さんで、先々代のアルバムを見せていただいた時だった。
見せていただいたしっかりと整理された昭和10年代の写真が入ったアルバムの中から、本当に一枚だけこの写真が挟まっていたのだ。
この写真、ご住職も全く出自をご存知ないということで、許可を得て撮影させていただいたのだ。

先々代のご住職は生前、福崎日精氏と付き合いが深く、そのアルバムにも福崎氏の作品と思われる写真があったことから、この謎の大観音像は何かしらの関係があるのでは、と予想された。

解明後に寄せられたいくつかの情報からするに、どうやらこの長崎県青島の観音像にも福崎氏は関係しているようだ。

fukusaki_maru.jpg  →  fukusaki.png
このヒゲメガネの人物が福崎氏?


であるとすれば、だ。
福崎氏の作と思われる戦前のコンクリート大仏のうち、

・恵那峡周辺のコンクリート群(昭和6〜7年・岐阜県)
・大淵寺護国観音(昭和10年・群馬県)
・良畴寺護国阿弥陀如来像(昭和12年・滋賀県)


この中に、長崎県の離島で昭和9年に建立されたと見られるこの高さ約15mの『青島護国観音』(長崎県)が加わることになる。

戦前のこの時期に、さらにものすごいペースで、ものすごく広範囲に、巨大な像を作りつづけていることになる。

しかも、福崎氏の最晩年と思われる作品は昭和44年(推定)の新潟県弘願寺の弘法大師像だ。
実に40年以上もの間、コンクリートで巨大像を作り続けているのだ。
なぜこんな凄過ぎる人物が世の中に全く知られていないのだろう??


私は福崎日精氏が残した「作品」をもっと見てみたい。
コンクリート仏像製作にかけたとてつもない情熱とモチベーションは一体どこからきたのか、なぜ彼はこれほどまでに全国でその手腕を認められ、長期間にわたり各地で巨大仏を製作するに至ったのか。
彼はどこから来て、どこへ行ったのか

今回の一件を通じて私は、流浪のコンクリート仏師・福崎日精氏の歩んだ道程、とても尋常とは思えない生涯を知りたい、という欲求がますます強くなるのを感じた。

(つづく)
スポンサーサイト



NEXT Entry
謎の大観音協奏曲、そして新たな挑戦(2)恵那峡再々訪問編
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR