FC2ブログ
2018. 05. 12  
(前回よりつづき)

ずっと場所がわからなかった福崎日精が製作したと思われるコンクリート像の場所をついに見つけた今回の岐阜・恵那峡の調査。
そして、その像の裏を覗くと、コンクリートに彫られた文字を発見した。

『寄進者 北海道北見之國上湧別村 安藤林右ェ門 昭和七年八月建之』

調べてみると、「北海道北見之國上湧別村」はオホーツク海沿いのまち。
合併を繰り返し、現在の北海道紋別郡湧別町にあたるらしい。
しかし、それ以上のことはわからない。

そこで私はこの像に刻まれた銘について、ツイッターで情報提供を呼びかけることにした。

この呼びかけに応じたのはNora(@LEcume_des_jou)さん。
次のサイトの情報を頂いた。

「開基百年 上湧別町史」
http://www.phoenix-c.or.jp/~ryousi/271.html

このサイト、上湧別町の開拓からの歴史について網羅的に記されており、さながら町史のようなページだ。
こんなに詳細な郷土史がフリーで読めるなんてなんて恵まれているんだ、上湧別町。

そこには、昭和5年に中湧別商工会が結成され、「安藤林右衛門」なる人物が商工会の会長となったと記されていた。 
地域的にもほぼ一致、それほどある名前とも思えず、この人物が銘に彫られた人物と一致するのではないかと思われた。
しかし、確定的な証拠となるものはない。


そして、

後日、再びツイッターを通じて、ほりしたかける(@fly_holly)さんより、とある提案を受けた。
なんでもほりしたさんはこの地方に親戚のお宅があるとのこと。さらには、たまたま近々そこを訪問する予定があり、できる限り調査に協力いただけるとのことであった。
本州から遥か彼方の道東のまちに調査に行っていただける!私にとってはありがた過ぎるお申し出であった。


そして、詳細な調査報告は驚くべき早さで私の元に届いた。

ほりしたさんの報告は、町史や商工会史などの郷土史をあたっただけでなく、なんと安藤氏の子孫にあたり、直接のインタビュー調査まで行っていただいたのだ。

その詳細なレポートから一部を抜粋する。

安藤林右衛門(りえもん)
明治13年 愛知県西春日井郡楠村生まれ
明治26年 当麻に屯田兵家族として入植
大正8年 上湧別村に移住
大正12年 信用購買販売利用組合の初代組合長となる
大正15年 村会議員として当選、昭和17年までの間に延べ三期つとめる
昭和5年 中湧別商工会初代会長
昭和8年 地区初の澱粉工場の経営
昭和27年 内地旅行の際、秋葉権現にて倒れ、還らぬ人となる


すごい。
すごい内容だ。短時間でここまで詳細に調べていただいたことに感謝したい。


さて、この報告から見るに、安藤林右衛門はおそらく北海道移住者の中でも相当な成功者であると言えるのではないか。
厳しい北海道開拓の中で、地域のリーダーとして活躍していた様子がうかがえる。

そして、なんと安藤氏は愛知県西春日井郡楠村(現在の名古屋市北区)の出身であった!(補足:楠村は明治13年当時は味鋺村と如意村であった。楠村となっているのはおそらく没年である昭和27年時点の名称か)

ajima.png
旧楠村は大体この辺り。名古屋市北部に位置し、豊山町、春日井市と隣接する。

像が見つかった恵那峡との位置関係を見てみると、もちろん北海道よりはよほど近い距離ではあるが、それでもかなり離れている。
インタビューにご協力いただいたご家族は、林右衛門が神仏を寄進していたという今回の知らせを喜んでいたという。
しかしながら、この観音像の存在はもちろんご存知なく、なぜ林右衛門が恵那峡に像を寄進したのかという核心に迫ることはできなかった

謎はまだ残る。なぜ昭和7年に林右衛門が寄進した像は恵那峡にあるのか

ここからは推論。
恵那峡周辺にあるほかの福崎日精作のコンクリート像群が、ダム建設の慰霊の意味を持つとされていることを鑑みると、この像も同じ意味を持つ可能性がある。
とすれば、親戚などがダム建設で殉職するなどしたことに対する供養の意味もあるのかもしれない。

ほかにいただいた情報から、恵那市には今も安藤姓が多いらしい。ひょっとすると楠村に移住する前の先祖がこの辺りの出身であったのかもしれない。郷土史を紐解いてみると、名古屋近辺には美濃地方からの開墾者が多かったそうだ。安藤家がこの地方と縁があったとしても不思議ではない。
以上が推論。

いずれにせよ、北海道の安藤林右衛門とこの像を結びつける決定的な証拠は見つからなかった。
どのような経緯で北海道の人物の銘がこの像に刻まれることとなったかは明らかにならなかったが、これだけの名士が発注者となっている像である。やはり生半可な由来ではないのではないだろうか。

謎が増える結果となってしまったが、福崎日精の製作したコンクリート像のエピソードのひとつを垣間見ることができた。
IMG_3107.jpg IMG_3078.jpg

インターネットを発端として、細い細い糸から再び知られざる歴史を発掘することができた今回の調査報告について、ほりしたさんはじめみなさんの多大なるご協力にあらためて感謝したい。

(完)


当ブログではいつでも福崎日精、浅野祥雲、後藤鍬五郎、花井探嶺などの情報をお待ちしております。
推論や異論、感想、疑問などなんでも結構です。ツイッター(@clane_2015)かブログ右上のメールアドレスまで情報をお寄せください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
福崎日精の謎を追え 土岐市常福寺釈迦像編
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR