FC2ブログ
2018. 05. 19  
さて、3度目の恵那峡調査、今回も大きな進展があった。
特に、3つ前の記事で紹介したA氏との出会いは大きかった。
謎の大観音協奏曲、そして新たな挑戦(2)恵那峡再々訪問編

Aさんが「福崎氏の親類」を名乗る女性から手に入れたという、48種類の像などの名前と場所が記された「福崎日精作品と思われる像のメモ」(以後「福崎メモ」と呼ぶ)を手に入れた。

半分はこれまでにネット調査などで見たことがあった場所と作品、半分は全く見たことも聞いたこともない場所が記載されていた。でも、恵那峡周辺の像や青島の護国観音は掲載されていないし、建立年も書いていない。ただ像などの名前と場所が羅列されている。

恵那峡調査からの帰り道、私はこの48種類のうち、帰り道にありそうな場所を選んで、立ち寄ってみることにした。
それは、このメモの信ぴょう性を確認する意味もあった。

私が向かったのは全く聞いたことのない土岐市のお寺だった。場所を調べてみても、インターネットにも像がある情報はないように思えた。
不安と不安が入り混じる中、高速をおり、初めて走る土岐市街地を抜け、郊外へ向かう。

到着したのは、土岐市『常福寺』。臨済宗妙心寺派のお寺さんだ。

IMG_3209.jpg
このドキドキは本堂に通じる急な階段を登ったことによるものか、まだ見ぬ像に出会う緊張によるものか

広々とした本堂前に出た私は、周りを見回して、目を疑った。

IMG_3203.jpg
ん?なんかいる?

もう少し近づいてみよう

IMG_3208.jpg
うん、やっぱり何かいるよね。

もっと近づいてみよう。

IMG_3150.jpg

すげえ!!
すごい迫力だ。比喩でなく、鳥肌がたった。
隣に立つ樹木と同じくらいの高さ、10mはあるように思う。

IMG_3197.jpg IMG_3230.jpg

一般的な仏様のイメージとは全く違う、人間らしい姿と豪快な髭、彫りの深い顔立ち。
一体なんなんだ、これは。

手元のメモには『土岐市 常福寺 釈迦像』の文字が記載されていた。

後日判明したことだが、このモチーフ、「出山(しゅっせん)釈迦」とか「出山釈迦如来」とよばれる、6年間の苦行ののちに悟りを開いた瞬間の様子で、中国や日本の禅宗美術で取り上げられることがあるらしい(もし説明が間違っていたら教えてください)。

ネットで調べる限り、このモチーフでここまで巨大なものは見つけることができなかった。
何よりこの像が纏う迫力、凄まじい気迫を感じる。まるで釈迦の6年間の苦行が像に乗り移っているようだ。


IMG_3147.jpg

釈迦像の隣に立つ灯篭には、「昭和10年」の文字があった。
昭和10年?!

もし福崎作品だとすれば、長崎県松浦市青島の護国観音(昭和9年)、埼玉県秩父市大淵寺の護国観音(昭和10年)とほぼ同時期だ。
一体全体どんな動きをしたら10m級のコンクリート像をそんな広範囲に作り続けることができるのだ。


せっかくなのでお寺さんにヒアリング。
元住職にお話を聞くことができたが、「建立したのは自分の父親だが、自分が産まれる頃の話で、由来や建立した人物などは全くわからない。建立したのはおそらく灯篭に書いてあるとおりではないか」とのことであった。

ああ、まただ、と思った。
ここまで素晴らしい、特徴的な仏様を持っていても、由来もエピソードも何も残されていない。記憶すらも。
代が替わるとはそういうことなのだ。

でも、由来が残されないその理由の背景がなんとなくにせよ「文化財でないから」とか「コンクリートだから」とか後世の人間が判断したことによるものだとしたら、こんなに勿体ないことはないか、と私はこの強烈な作品を前に、部外者ながら勝手に思う。

IMG_3146.jpg IMG_3120.jpg

なんにせよ、どうやらこの福崎メモは「ホンモノ」である可能性が高い。そして、過去に同じチャレンジをしようとした人がいたこともわかった。

なぜ所有するお寺さんも知らない情報が記載されているのかは引っかかるが、いずれにせよ私は謎のコンクリート仏師・福崎日精の全貌を明らかにするための心強いアイテムを手に入れたのであった。

ひょっとしてこの不完全なメモとこれまでの調査を組み合わせれば、福崎氏の謎が解ける日が来るのかもしれない。
だが一方で、各地の像のエピソードを直接知る人物(第一世代)が既に少なくなっていることを考えると、調査に残された時間はかなり限られるようにも感じられたのだった。

(つづく)
スポンサーサイト



NEXT Entry
「この謎が解ければあなたもコンクリート像マスター!!『雲岳』の謎まとめ」の巻《前半》
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR