FC2ブログ
2018. 09. 28  
前回の続き

「羽島行きたいんけ?じゃあ今から船出すけん羽島行くとね!」
タニガワさんの申し出が、何を意味するのか一瞬わからなかった。

タニガワさん「おいば漁師やけん、船ぐらい出せると
そう言うと、タニガワさんはおもむろに港に向かって歩き出した。ハマガワくんと私は急いでその後をついて行った。

***********************************************

港に行く途中、一人の女性が話しかけてきた。

実はその女性こそが、後に重要な資料を見せていただくことになるSさんであった。
(補足しておくと、青島の人口は現在210人あまり。島の方々はみな家族のような付き合いをしているのだ。)

Sさん「つるまさんにうちの資料見せんとって持ってきたと」
右手に持つ手提げの紙袋の中には、アルバムや巻物などが入っているのが見えた。

タニガワさん「Sさん、それはあとったい、いまから羽島ば行くけん。あんたも行くとね?」
Sさん「私は行かんよ。中学生の最後にみんなで手漕ぎで行ったとが最後ったい。あそこは鳥のフンだけならよかけん、釣り人のもあるとね」
そう言いながら、Sさんは持参したアルバムの中から一枚の写真を指差した。
「これが最後に羽島に行った時に写したときの写真とやね。私が撮ったと」

IMG_5515.jpg
Sさんが中学卒業の思い出に、女子グループだけで手漕ぎボートで羽島に渡った時の写真だという、昭和30年代後半の写真。右後方に、弁財天像らしきものが写っている。

「こん時でも弁財天さんはもう倒れかかっとったんじゃなかろうか」
確かに、この写真は、前回記事で紹介した写真の弁財天像よりも傾いているようにも見える。

羽島Db_jdmCV4AAWtzl
この写真の弁財天像は、上のものと同一のものだろうか?

果たして弁財天像は今も建っているのか、それとも・・・。

IMG_5348.jpg
港からは羽島がよく見える。左手にすごく小さく見える島が、目標の羽島だ。

青島と羽島の位置関係は↓のとおり。
hajima.png

「とにかく、羽島に行ってみると!」

タニガワさんはおもむろに船に乗り込むと、
「早くこれば着るったい!」
と、我々にライフジャケットを手渡した。

IMG_5349.jpg
タニガワさん、準備万端

急展開に少々気圧され気味の私をよそに、出航の準備は着々と進む。
ハマガワくんも手際よくロープを外す。
「準備OKたい」


いざ、出航!

一行を乗せた船は羽島を目指す


IMG_5351.jpg
ものの数分で、あの幻とも思えた羽島が目の前に。

羽島は近年は釣り人に人気のスポットで、船着き場もいくつか整備されている。
そういえば、事前にツイッターで羽島のことを調査したところ、情報の全てが釣り人のブログであった。
しかし、意外にも生粋の島育ちであるタニガワさんもハマガワくんも、羽島へはこれまでに一度も上陸したことがないのだという。

DnILm1oVAAIndms.jpg
羽島、着岸。

実は、タニガワさんによれば、島には近づくなと教えられてきたそうだ。
神域、つまりは畏れ多い場所だというようなことを聞かされて育ったのだという。
その話を聞き、私は羽島上陸に向けて、一層気が引き締まる思いがした。

IMG_5358.jpg
羽島、上陸。

沖合に見えるのは養殖場。
羽島のおかげでこの辺りは波が穏やかなのだそうだ。

そして羽島。見上げると、想像以上の断崖絶壁である。

IMG_5359.jpg
ほえー

「これば登るったい」
そう言うと、タニガワさんを先頭に、急な岩場を登りはじめた。

誰も想像していない展開になった。
なんの装備もしていない。ハマガワくんに至ってはサンダル履きだ。
なにせ家からちょっと出かけるつもりが、無人島でロッククライミングである。

IMG_5375.jpg
ロッククライマータニガワさん

しかし、登りはじめてすぐに諦める声が上がる。
「ここは無理ったいね。これ以上行けん。登れそうな場所ばさがすと」

IMG_5361.jpg
ロードトゥ弁財天

こうして、タニガワさんは右ルート、ハマガワくんは左ルートで、登れそうな場所を手分けして探すことになった。
残された私は二人の報告を待つことになった。

IMG_5377.jpg
落ちたら海

二人の姿が見えなくなってしばらく、先に声がきこえてきたのは、右ルートを行ったタニガワさんからだった。
「おーい、こっちは登れるとこんばなかね!」

しばらくするとタニガワさんは別れた場所に戻ってきた。

DnILm13VAAAb1kp.jpg
ふえー

タニガワさんが戻ってきて数分後、タニガワさんがハマガワくんの行方を心配しはじめたころ、
ずいぶんと上の方から声が聞こえてきた。

「あったーーーー!!!」


つづく





↓拍手をいただけるとめっちゃ喜びます
スポンサーサイト



NEXT Entry
観音様の見護る島③ 〜羽島上陸大作戦!!弁財天像を攻略せよ 後編〜
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR