FC2ブログ
2018. 09. 30  
前回の続き

「あったーーーー!!!」

上の方から聞こえてきた声は、ハマガワくんのものだった。

タニガワさんと私は顔を見合わせると、はやる気持ちを抑え、左ルートへ歩を進めた。

島を1/4周くらいしたところで、ずいぶんと頭上の茂みの中からハマガワくんの声がした。
「こっちったい」

タニガワさんは再び急斜面を登りはじめた。
「ここから登るったい、気をつけて!」
私も慎重にその後に続いた。
ハードなクライミングに、私は普段の運動不足を悔いた。

IMG_5373.jpg
えっちら

IMG_5374.jpg
おっちら

斜面を登り終えたところでハマガワくんが待っていた。
「この藪の中を行くったい」

IMG_5379.jpg
深い藪の出現

その深い藪を超えるとそこには・・・



IMG_5473.jpg
え?

IMG_5384.jpg
弁・・財天・・・・石像??


・・・いや、違う!
この小さな弁財天石像の周りに残るこのコンクリートの残骸、ひょっとして・・・

IMG_5424.jpg

IMG_5409.jpg

IMG_5404.jpg IMG_5405.jpg
この部分ってひょっとして・・・

ひょっとして、コンクリート製弁財天像の残骸??
特に、この原型をとどめている渦のような表現、、、この部分、あの弁財天像の写真の波の部分に似てないですか??

羽島Db_jdmCV4AAWtzl  2
この部分??

これはどういうことだ・・・?

これはつまりこの場所に立っていたコンクリート製弁財天像は既に崩壊し、替わりに小さな弁財天石像が置かれていることを意味するのではないか?


崩壊した像の残骸の中に、形を残しているものがあった。

IMG_5410.jpg

IMG_5408.jpg
こ、これは・・・

これはひょっとして、弁財天像の耳ではないか?!

5
弁財天像の左耳

6  IMG_5403.jpg

そして、このコンクリートの残骸をよく見ると金網が使用されていることがわかる。
これは青島で見た観音像の破片と共通する仕様だ。

また、崩壊したと見られるコンクリート片は、外側がコンクリートで塗られており、内側に金網が使われているように見える。ということは以前の像は空洞だったということだろうか?


IMG_5423.jpg 
小さな弁財天石像には「平成二年十月吉日 信者一同」とあった

平成2年に新たな石像が置かれているということは、少なくともその前には初代の弁財天像は崩壊していたと考えられる。
青島の観音像が解体されたのが昭和60年、再建されたのが昭和62年だ。
ほぼ時を同じくして、ここ羽島でも弁財天像は崩壊していたことになる。

4
新弁財天像の傍には酒が供えられていた。

供えられた酒はそれほど古いものではなく、ここ2、3年のうちに置かれたものであるようだ。まだこの場所に来ている人物がいるようだ。青島の誰かだろうか。タニガワさんもハマガワくんも全く知らなかった。

3

いずれにせよ、おそらく写真が撮影されたと思われる昭和初期から、80年以上が経過している。
海のど真ん中で風雨に晒され続けた弁財天像は風化し、崩壊してしまっていた。
3人は弁財天に向かって手を合わせた。



そしてもうひとつ。

話はこれだけでは終わらない。
ハマガワくんが、弁財天から10mほど離れた茂みで、何かを見つけた。

「ここにもなんかあるったい」

IMG_5393.jpg
ん?なんだこりゃ?

タニガワさんが持っていた鎌で手際よく周囲の雑草を刈りとる。
(タニガワさんはこんなこともあろうかと鎌を持参してきていたのだ!)
すると、石でできた祠らしきものが姿を現した。

IMG_5430.jpg IMG_5467.jpg

お参りをした後で、中を覗いてみた。

IMG_5426.jpg

なんだこれは・・・。
鳥居・・・となんだこりゃ??仏様か??

祠の左手に、文字があった。

IMG_5447.jpg IMG_5449.jpg
「夷?大明神 三月吉祥日 青島村中」・・・で合ってますか??

ってことは描かれてるのは大明神さま?

反対側にも文字があった。

7
「享保十二年丁未天? 大黒天」とある

享保十二年?? つまり西暦1722年である。
今から300年前、江戸幕府8代将軍・徳川吉宗の時代だ!
かなりの年代物の祠が姿を現した。

IMG_5464.jpg
屋根には・・・なんの顔だ?

この辺りあまり詳しくないので、どういう効用がある祠なのか、書いてある文字が正しいのかもよくわからない。
もし詳しい方にご教授いただければありがたいところである。
ともかく、青島の人たちが江戸時代に建てた祠なのだろう。


実は、出航前にSさんに見せてもらった集合写真、あの写真にもこの祠は写り込んでいた。

IMG_5515.jpg
左下に写り込む祠。

IMG_5471.jpg

長い間、無人島で人知れず守り神としての役目を果たしてきた弁財天と大明神。
青島に住む人々に「神域」とされていた由縁もこれらにあるのかもしれない。

IMG_5496.jpg
帰りの羽島は傾きかけた太陽に照らされて不思議と輝いて見えた。大活躍のタニガワさんも嬉しそう。



ミッションコンプリート!!


つづく

羽島の冒険を終え青島に戻った一行は、Sさんの貴重な資料を見せてもらうことに。
次回、コンクリート像を見にゆきます(仮) 観音様の見護る島④ 福崎日精氏からの手紙
お楽しみに!




↓拍手いただけると泣いて喜びます
スポンサーサイト



NEXT Entry
観音様の見護る島④ 〜福崎日精氏からの手紙〜
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR