FC2ブログ
2019. 01. 08  
《前回の続き》

佐賀県江北町での調査を終え、時刻はまだ午前。
計画ではこのまま島原半島を南下して、島原市に向かう予定であったが、急遽予定を変更し、福岡県柳川市にある等応寺に行くことにした。

tououji.png

この等応寺にあるという涅槃像について、事前のリサーチではほとんど情報を得ることができなかった。
観光地にもなってないし、紹介されたページも見つけることができなかった。
お寺を訪問したというブログ記事がほんの少しあるだけ、とう状況だった。

福崎氏との関係を示すものも、3月に手に入れた福崎メモしかない。
それでも、そのわずかな情報からでも、なんだか凄そうな像であるように思えたのだ。


さて、柳川市に到着。福岡県といっても佐賀寄りに位置しており、佐賀県江北町からもそれほど遠くはなかった。
この柳川市、市内に無数の水路が走っており、目的地である等応寺も川と水路に挟まれた場所に建てられていた。

等応寺に到着。そこには・・・

tououji_4.jpg
おお、なんか見えてきたぞ・・・

tououji_1.jpg
どーん

すごい!!建物の上にシルバーメタリックの巨大涅槃像が乗っている
こんなのいまだかつて見たことがない。

お堂の横に看板が立っていた。

tououji_3.jpg

作者 滋賀県 福崎日精先生
御丈 三十三尺
高さ 十六尺(台座より)
着手 昭和四十一年一月六日
完成 昭和四十一年七月三十一日


これは!ここからだけでもかなりの情報が読み取れる。
まず、この涅槃像が福崎日精氏の作であることが確定した。
そして、6ヶ月超の工期で建てられたこと。
さらに、昭和41年建立とある。

これまでの筆者の研究で、福崎日精氏の作品は少なくとも昭和5年から昭和44年の期間に製作されていることがわかっている。
つまりこの等応寺の涅槃像はかなり晩年に建立されたものなのだ。
そしてこの看板からはその頃、福崎氏が滋賀にいたことを示していた。


私は庫裏のチャイムを押し、ご住職にお話を伺うことにした。
事前のアポはなかったが突然の訪問にもご住職に時間を割いていただくことができた。
その内容はこうだ。

・発注者は建立当時(昭和41年頃)、2代前の住職であったおじにあたる人物。
・建立の経緯としては、門徒さん達が天草の涅槃像(※)をみんなで見に行って建立を決めたと聞いている。(※筆者補足:島原市江東寺の涅槃像だと思われる)
・自分も当時12歳くらいで、製作の様子は見た記憶がある。
・住み込みでほぼ一人で作られていた。
生ものは絶対に食べられん方だった。
・2代前のことでありこれ以上詳しいことはわからないし、記録もない。

そして、今後のこの像の行く末について、不安なことも仰った。

とても重たいコンクリート像がお堂の上に乗せられている構造上、お堂の耐震性に問題がある。
お寺の前が堤防で幅員も狭く重機が入れないので、もし改修するとしても莫大なお金がかかるため、解体する予定である。
信徒さんたちはなんとかして残したいと3Dプリンタでミニチュアを残す計画もある。


そしてご住職は最後にこう仰った。
「どうぞ自由に上に上がって中も観ていってください

え?上に上がれるの??

私はご住職に礼を述べ、再びお堂に向かった。

tououji_2.jpg

お堂には「涅槃堂」と掲げられ、中には位牌が並んでいるようだった。

お堂を裏に回ると、階段が現れた。

tououji_5.jpg
失礼します

ドキドキしながら登るとそこは・・・

tououji_6.jpg

涅槃像の背中
だった

そして正面に回る。

tououji19.jpg
は〜い、久しぶり

親しい笑顔で話しかけてくるような、そんな優しいお顔だった。
そして、瞳の造形は、これまで何度も見てきたまごうことなき福崎日精の瞳であった。

tououji18.jpg
初めはちょっと怖いけど、意匠が凝らされた造形なのだ

ここからは、現地に行ったつもりでただひたすら涅槃像を鑑賞してほしい。

tououji_7.jpg
台座に敷かれた布のような繊細な造形

tououji_8.jpg
螺髪と頭を支える枕(きっとかっこいい正式名称があるはず)にも細かな造形が

tououji_10.jpg
枕(仮)を正面から

tououji_11.jpg
手のひらのシワも、まるで本当のお釈迦様がそこにいらっしゃるかのようだ

tououji_12.jpg
そして足の裏

足の裏には紋様がある。調べてみると紋様の一つ一つには意味があり、お釈迦様の教説などが書かれている、らしい。
もちろん作者である福崎氏はそうした仏教の教えに精通していたのであろう。
素晴らしい紋様が刻まれていた。

そして足元に。。

tououji_13.jpg
入り口だ!!

下からは見えなかったが、涅槃像の足元には像の中へ通じる口がぽっかりと空いていた。
手を合わせて中に進むと、そこには位牌が並んでいた。
そして、天井には再び口が。

tououji_14.jpg
天井に開いた口

口から中を覗くと、何本かの鉄骨で支えてはいるものの、どうやら像の中は空洞になっているらしかった。

tououji_20.jpg

tououji_21.jpg
裏側も丁寧な仕上げ


空洞になっているのはお堂への負荷を減らすためだろうか。
そういえば、青島・羽島で見た壊れた弁財天像も空洞らしかった。
福崎氏の像の特徴なのかもしれない。
コンクリートを繊細に使いこなす福崎氏の技術が垣間見える貴重な光景だった。


さて、この涅槃像のことを思う。
観光資源として作られたものでないにしても、これだけの素晴らしい涅槃像がまったく注目されず、そして人知れず消えて行こうとしている。
昭和41年の前半、福崎氏は滋賀から赴き、魂を込めてこの像を製作したに違いない。
コンクリート像を観光コンテンツに、とか、価値があるから残すべき、なんてことは言うつもりは毛頭ない。
それでも、日本全国に散らばる福崎氏の魂が込もった像に、福崎氏の半生に、もう少しだけ光が当たってもいいのではないか、と思う。せめて、今像の周りにいる人だけでも、建立に込めた想いを知ってほしい。

私は、そんな福崎氏の想いを、偉業を記録に留めたい、いや留めねばならない。記録、記憶が失われる前に。残された時間は少ない。あらためて、そんなことを感じた。

それにしても、素晴らしい涅槃像であった。
興味を持った方には、ぜひ解体される前にご覧になることを強くお勧めしたい。

tououji_17.jpg
背中から涅槃像


さあ、いよいよこの旅も終盤。福岡を後にし、対岸の長崎県は島原半島に向かうことにした。


次回 コンクリート像を見にゆきます(仮)
島原の由緒正しき名刹の大涅槃像建立秘話!
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編
お楽しみに!!


つづく

↓拍手を押していただけると励みになります。
スポンサーサイト



NEXT Entry
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
NEW Topics
『交わる2人のコンクリート仏師の運命。雲岳と日精』(前編)
菊間大仏雑感 ー歴史に消えた謎の大仏と、突如姿を現した仏師・福崎日精ー
福崎日精の謎を追え!福崎氏はどこから来たか、その出自に迫る。
【九州編完結】福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 後編
福崎日精の謎を追う九州の旅⑤ 長崎県島原市江東寺 大涅槃像&大地蔵編 前編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つるま

Author:つるま
コンクリ像、歴史、廃線、民間信仰、などなど

写真の撮影や記事の内容には極力留意しておりますが、ご都合悪い場合はお知らせください。

メール bluegrassnagoya@hotmail.co.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR